2011年6月議会 田村征雄: 市バス路線は存続へ

日本共産党尼崎市会議員団ニュースNo.132 (2011.7.7.)

市バス路線は存続へ

日本共産党市会議員団 田村征雄議員

「一部路線を原則廃止」地域交通会議の答申

昨年7月の尼崎市地域交通会議の答申には、「採算性が低くなっている武庫川・出屋敷地区、東園田・戸ノ内地区、田能地区などは路線バス事業を原則廃止した上で、費用対効果に留意の上、小規模の交通需要に対応した路線バス以外の新たな公共交通サービス導入の検討が求められる」とあり、それらの地域では、不安が広がりました。

市バスは生活まもる市民の足

現在、その答申をもとに、幹部職員による検討会議が開かれており、8月頃に素案を公表するとしています。

田村征雄議員は「スーパー、コンビニもない地域で自転車に乗れない市民にとって、市バスは不可欠、市バスを廃止し路線を民間事業者に譲ったとしても、採算が合わなくなれば撤退、市民の足が失われる。公共交通を確保するのは市役所の役割ではないか」と質しました。

当局は「市民の足の確保は市の役割と認識している」と答弁しました。

陳情審議で「路線廃止信うちださない」

引き続く総務消防委員会での陳情審議で、出村議員は「本会議の答弁からいえば、田能・東園田・戸ノ内等の路線は存続すると考えていいのか」と質問。

当局は「素案の中で廃止をうちだすことはない」と答弁しました。

2012年3月議会予算委員会 田村征雄議員:県道園田西武庫線事業 根拠不明の予算案妥当性判断できず

日本共産党尼崎市会議員団ニュースNo.130 (2011.5.15.)

2012年3月議会予算委員会 田村征雄議員

県道園田西武庫線事業 根拠不明の予算案 妥当性判断できず

県道園田西武庫線事業については、3月3日に県土地開発公社が三菱電機と用地買収、移転補償等の契約を締結しており、御園工区として総額174億円の事業の本格実施の予算が計上されました。

この事業費の内訳について、議会には大まかな事業費しか示されていません。

田村征雄議員は「なぜ何十棟もの移転のための巨額の補償費が必要なのか、本来、原因者の三菱が負担すべき土壌汚染対策についてなぜ公費負担の減価方式になったのか、予算の根拠を判断するのに必要な資料を提出するべきではないか」と質問しました。

当局は「公にすることにより当該法人の権利、その他正当な利益を害する恐れがあることなど情報公開条例に基づき公開することはできない」と答弁しました。

田村議員は「予算に関する資料の提出義務があるのに提出しないため、議会として予算の妥当性を判断できない」と指摘しました。