新型コロナ対策・緊急相談会「なんでもOKひとりで悩まず相談を」

新型コロナから国民のいのちとくらしを守ろう!

日本共産党、尼崎労連、尼崎民商、尼崎生健会、尼崎医療生協で

仮称)いのちとくらしを守るコロナ対策・尼崎支援委員会を設置しました!

新型コロナ対策・緊急相談会

★コロナ感染が心配、PCR検査を受けたい

★会社から自宅待機と言われたが給料が出ない

★子どの世話のために休んだが休業手当が出ない

★10万円の給付金、いつもらえるの?

★解雇され寮を出たが住む家がない

★売上が減り、家賃や国保料が払えない

★親が失業し大学の授業料が払えない

★給料が減り生活に困っている

★保険証がなくて病院に行けない などなど…

労働・リストラ・経営・医療・介護・国保・生活保護など

ひとりで悩まずお気軽にご相談ください。

日時 5月3日(日)   

  あさ10時~3時まで

 

相談は基本的に電話で行いますが、面談による相談を希望される方はマスク着用の上で会場にお越しください。

臨時電話 080-3800-9177  080-3800-9136

相談会場 尼崎民商事務所 東難波町4-4-11

 

お問い合わせ 日本共産党尼崎地区委員会 ☎6411-6633

 

市長に新型コロナウイルス感染対策の強化を求める緊急要請を行いました

市長に緊急要請

日本共産党尼崎市議団は4月17日に稲村和美市長へ新型コロナウイルス感染対策の強化を求める緊急要請を行いました。

要請では、松沢団長が職員の感染防止対策への日夜の奮闘に感謝を述べるとともに、子どもたちへの感染防止教育を求めるなど16項目の対策の強化を求めました。

応対した森山敏夫・副市長は「できる限り皆さんの要望に沿って対策に努力する」と述べていました。

要望項目

  1. 学校教育について
    1. 子どもたちに、あらゆる機会をとらえて、新型コロナウイルス感染症から自分の身を守る術を教育すること。
    2. 臨時休業中、家庭訪問・電話などで継続して子どもの状況を把握すること。
    3. 電話回線が不足しているのであれば、臨時に回線をふやすこと。
    4. 学校再開後、勉強の遅れを取り戻すことが大きな課題となる。子どもや教師に多大な負担を与えないためにも、今年度の学力テストやあまっこステップアップ推進事業は中止すること。
  2. 国民健康保険について
    1. 国は、被用者の新型コロナ感染症治療には傷病手当を使えるように勧めているが、加入者全員を対象にすべきであり、国に求めること。
    2. 資格証明書の人に対し、感染収束までの間、国民健康保険証を発行し、受診控えをなくす対応をすること。
    3. 国から新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した被保険者等に係る国民健康保険料の減免に対する財政支援について事務連絡が来ている。それに基づく速やかな対応を行うこと。
  3. 感染症医療対策について
    1. 保健所、衛生研究所の人員体制の強化をすること。
    2. 早急に帰国者・接触者外来を実施する医療機関を増やすこと。
    3. PCR検査を必要な人に検査を実施できる体制を作ること。
    4. 発熱外来を市独自に設置すること。
    5. 国から新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少したこと等による介護保険料の第1保険料の減免に対する財政支援について事務連絡が来ている。それに基づく速やかな対応を行うこと。
  4. 地域経済を担う事業者に対して
    1. 総合相談窓口を早急に設置すること。
    2. 市独自の中小企業支援策を講じること。
  5. 衛生用品(マスク、手袋、防護服、消毒液等)を必要な事業者に配布する手立てをとること。
  6. 市民への周知は、市報臨時号の発行などSNSを利用できない市民にもわかりやすいものにすること。

医療関係者やその家族へのバッシングはやめて

 先日、緩和ケア病棟でお亡くなりになった患者さんからコロナウイルスが検出された尼崎医療生活協同組合尼崎医療生協病院より、「風評被害や職員の子どもが一部学童保育や保育園において登園自粛要請をされるケースが生まれており、対策を」という要望書が提出されました。日本共産党尼崎市議団はこの提出に同行し訴えました。

市当局からは「翌日、法人保育園会が開催されるので、周知徹底をする」との回答を得ました。

感染症が流行するとき、人々は不安な感情から差別偏見などの感情を普段より多く持ったり敏感に反応しすぎたりします。だから、より慎重に、今、この事態において医療や福祉の現場で働いている人たち、それぞれの場所で頑張っている人たちすべてに敬意を払っていきたいと思います。日本赤十字社がよいリーフレットを作っています。ぜひご家族、職場でご覧になってください。

ご覧になる方は↓のリンクをクリックしてください。

コロナ3つの顔 日本赤十字社

2020.4.10市議団ニュース コロナ対策2号

2020.4団ニュース コロナ関係HP用

コロナウイルス関連の尼崎市会議員団のニュースを掲載しました。

ご覧になられるには上のリンクをクリックしてください。

お困りのことがあれば市議団までご連絡ください。

尼崎市東七松町1-23-1 ☎06-6489-6070  fax06-6489-6073

尼崎市立学校園の臨時休業5月6日まで

臨時休業の期間 2020年5月6日(水)まで

学校登校日(始業式) 教科書配布や学級数確定等

     4月7日(火)~10日(金)までに感染防止対策を講じたうえで

     分散登校して実施。

登校日 4月13日(月)以降 週2回登校(幼稚園は除き、高校は県に準じる)

     学年別または学級別分散登校

     児童生徒の状況確認、学力補償、家庭学習の確認等

部活動 高校は県に準じます。 中学校は中止する。

給食  中止します。

 

詳細は追って、保護者に通知されます。

お問い合わせは…学校企画課06-4960-5688

        入学式、登校日に関することは

        学校教育課06-4950-5685(小中学校)

             06-4950-5665(幼稚園・高等学校)

             06-6423-2553(特別支援教育)

        部活動に関すること06-4950-5677(保健体育課)

        給食に関すること06-4950-5675

市立学校再開の延期・再開についての申し入れをしました

日本共産党尼崎市議団は他会派とともに

尼崎市立の学校の延期・再開についての申し入れを行いました。

『新型コロナウイルスの感染症拡大が日々、増加している状況において4月7日から市立学校が再開される予定になっています。政府・自治体がさまざまな活動の自粛を要請し、市民の危機感が増す中でさらなる感染症対策が求められています。また国においては緊急事態宣言の発令も検討されているところであります。

そのような中で、市立学校再開については児童・生徒・保護者等、関係者をはじめ多くの市民の皆様に理解していただける状況ではありません。したがって、4月7日からの学校再開については延期をすること。

また、再開時には国の動向、近隣他都市の状況等を考慮して慎重を期すとともに学校現場に混乱が生じないよう強く要望します。』